画像
画像
画像
画像

プラセンタで蕁麻疹は出るのか?

プラセンタは、美容や健康、精神など、非常に広範囲で用いられています。
では、なぜそんなに用いられるのでしょうか。
まず、プラセンタとはどのようなものであるか説明しましょう。
プラセンタとは胎盤という意味の英語です。
ですが、ここでは胎盤という意味ではなくて、胎盤から細胞分裂を促進する様々な栄養素を抽出したもののことです。
もともとは、胎児が子宮の中で急激な成長を行うために必要とされるものです。
細胞分裂を活性化するという効果がありますが、癌化した細胞を増やすことはないという研究もあります。
つまり、これには、弱った細胞から新しい細胞を作ることを促進する効果があるのです。
血流や情報伝達物質、さらにはホルモンバランスを改善するという幅広い効果から、様々なところで用いられるのです。
これによって、やる気が出る、肌をきれいにする、体の調子を整えるなどの生命活動のレベルアップ効果が生まれ、生き生きとした生活が送れやすくなるのです。
このような効果から、婦人症や肝臓病の注射・薬として認可された製品まであります。
さらに、健康食品や化粧品に利用されることもあります。
このように良いところが沢山あり、幅広く用いられていますが、良いことばかりなのだろうか、と考える人もいます。


そこで、副作用について考えてみましょう。
結論から言うと、副作用は大部分の人にとっては生じないか、生じても無視が可能な程度のものです。
ただ、食品アレルギーというものがありますが、これにおいても似たようなことがあります。
もしも体に合わない人が体に塗ったり、服用したりすると、蕁麻疹などが出ることがあります。
ですが、ほとんどの場合は一過性で、急激に栄養価の高いものを摂取したことによる好転反応です。
ですが、本当に体に合わないこともあるので注意が必要です。
また、肌をきれいにするはずが、ニキビが出来てしまった、ということもありますが、これは、体の新陳代謝が良くなったことの証拠だと考えられます。
ですから、焦らず、根気よく利用することで綺麗な肌を手に入れることができることがほとんどです。
ですが、蕁麻疹やニキビが異常なほどに出ているときは、使用を中止することをおすすめします。
このように、やる気や婦人病・肝臓病の改善、健康食品、化粧品など、様々な面に応用されている一方、アレルギーに似た反応を起こす一面もあります。
また、アトピー治療にプラセンタhttp://www.loudounfarmmuseum.org/index.htmlの記事も大変興味深いです。
ですが、ほとんどの場合一過性のものなので、自分の体と相談しながら、アトピーに効果的なプラセンタを利用していたただければ、生き生きとした生活が送れるのではないでしょうか。 こちらにプラセンタの口コミサイトがありますので是非参考にしてください。