画像
画像
画像
画像

プラセンタで胸が大きくなるというウワサ

プラセンタは美肌効果が大きくクローズアップされていますが、実はそれ以外にもかなりいろいろなメリットがあるのです。
たとえば鬱病に対する効果であるとか疲労回復効果、新陳代謝のアップなどがありますが、見逃せないのが胸を大きくするバスとアップ効果です。
通常妊娠中の女性は女性ホルモンが活発になることから乳腺が発達し、乳房が大きくなるわけですが、このプラセンタに含まれる血行促進能力や細胞活性化能力が乳腺に働きかけることによって乳腺の発達を促すことになり、結果としてバスとアップにつながるというのです。
ただし、これは薬ではありませんし、個人差もありますので継続して利用していくことが必要になることは言うまでもありません。
また即効性があるわけでもないようですので、かなりの持久戦で考えていく必要のある手法のようです。
ただ、ハリがでるとか、様子が少しかわってきたという実感を得られる女性は非常に多いようです。
実際にメスを入れないで胸を大きくしたいと願う方には、期待して利用していただいてもまったく裏切るということはない成分のようですので、ぜひ試してみていただきたいものです。
具体的には次のような方法があるようです。


まずは飲用療法です。
基本的にプラセンタを定常的に飲用することで胸に変化が現れるというものです。
ドリンクタイプやゼリータイプのようなものを続けて飲んでいくことである程度の変化が訪れてくるようですが、この変化が感じられるまでの時間は個人差がかなりあるようですし、個別の飲用商品の配合比率などによっても効果がことなるようですので、いろいろと試してみる必要がありそうです。
さて、もう少し積極的な方法もあるということでご紹介しておきますと、実は美容クリニックなどで週に1回から2回程度定期的に注射をして注入するという方法があるようです。
こちらは更年期障害と肝炎だけは保険が効くそうですがそれ以外の用途では保険適用外ですので、それなりのお金がかかりそうです。
ただ飲用するのに比べますとさらに積極的であるため、相応の効果が期待できるようです。
さらに別の方法で効果が確認されるのは点滴です。
病院によっては注射より点滴のほうが効果が高いとしているところもあるようです。
というのも皮下注射は胸に打っても皮膚の下にたまって1週間程度かけて浸透するそうですが、点滴は血管にダイレクトに入るため全身に早くまわり効果も早くでるというのです。
詳しくは病院との相談になりますが、こうしたやり方もあるということで理解していただければと思います。
プラセンタは美容い良い成分なので、多くの女性から高く評価されていますが、いくつかのリスクも考えられています。
プラセンタに考えられるリスクはこちらのサイトにかいてあります。