画像
画像
画像
画像

錠剤型プラセンタの特徴と選び方のコツ

錠剤型のプラセンタは多くのメーカーから発売されています。
お値段も数千円から数万円まで、手軽にヘルスケアや予防のために使用できるものです。
ただし一般の方が自由に購入できるものは動物性の胎盤から抽出されたものです。
本格的な治療やアンチエイジングなど医療機関で使われているヒト由来のものは国内では一般流通では購入できません。
ヒト由来のものにも錠剤型のものはありますが、各医療機関でしか購入はできません。
使用に際しては専門医に相談する必要があります。
多くのサプリメントに用いられているのは動物性のものか植物性のものです。
植物性のものは動物性のものに比べて飲みやすいと言われていますが、期待される効果には違いがあります。
疲労回復や腰痛改善のために使用されることを考えるなら、動物性のものをチョイスしましょう。
植物性のものは主にスキンケア、美肌効果を目的としたほうが良いと言えます。
これは動物性のものと植物性のものでは決定的な違いがあるからです。
プラセンタの最大の特徴は成長因子が含まれていることといえます。
これにより疲労回復や各種効果が発揮されるのですが、植物性のものにはこの成長因子が含まれていません。
それ以外にはほぼ動物性に含まれる栄養成分が含まれているのでヘルスケアには動物性、植物性はどちらかと言えばスキンケア、アンチエイジング専門と考えるべきです。
両者の効果を期待して使われるのなら動物性を選ぶのがベストです。
プラセンタを飲む時間帯と効果的な飲み方がこちらで紹介されていますので参考にしてください。


動物性のプラセンタにも馬の胎盤抽出剤、豚の胎盤抽出剤、今は流通していませんが牛の胎盤抽出剤など様々です。
牛に関しては狂牛病の発生以降製品使用は禁止されています。
一般的には馬か豚のものが主流になっていますが、この二つにも少し違いがあります。
一般的に馬の胎盤抽出剤には豚の胎盤抽出剤に比べて約250倍のアミノ酸が含まれているということです。
多種多様な製品のあるなかでその商品を選べばよいのか迷うことも多くあります。
このようなことも参考になさると選びやすくなります。
また各メーカーの錠剤でもプラセンタの含有量の違い、また単体であるのか、ヒアルロン酸やアミノ酸、各種有用成分が同時に接収できるものか、など各メーカー様々な商品開発をされているのでこれらも参考にしてみるのも良いでしょう。
無論お値段も気になるところです。
いくら良いものでも美容や健康を考えてこれらの錠剤を使用する場合、一回の服用で終わりではほぼ効果は期待できません。
継続的に使用されることで効果が現れてきます。
できればよりよい物がリーズナブルなお値段で購入できたら一番です。色々な商品を確かめてみて比較することが必要です。
最近、話題後なっているプラセンタエステについての詳細が載っているサイトがありますのでご覧ください。
本格的な人由来のものをお考えである場合、専門の医療機関、専門医の判断が必要になります。