画像
画像
画像
画像
画像

プラセンタ療法を行う期間

プラセンタ療法で効果があるとはいえ、どのくらいで効果が出てくるのか、どのくらいの頻度で通院する必要があるのか不安に感じるかと思います。
もちろん、これには個人差やその人の症状によっても異なります。
一般的な平均値として目安にすることができます。
保険が適用できるものには、肝炎や肝硬変、更年期障害、乳汁分泌不全があります。
肝炎や肝硬変は週に1回~3回通院し、1年間通すと効果が期待できるようです。
更年期障害は週1回~2回を3ヶ月程でよいようです。
乳汁分泌不全も週1回~2回を3ヶ月続けることにより効果を期待できるようです。
自費診療には様々な治療があります。
アレルギー疾患には週1回~2回を半年続け、関節リウマチには週1回~2回を1年間、自律神経失調症には週1回~2回を1ヶ月~2ヶ月、腰痛や肩こりには週1回~2回を2ヶ月ほど、生理痛や生理不順には週1回~2回を3ヶ月、美肌や抗老化、滋養強壮には週1回~2回をその人の任意で期間が定められています。
これらはどれも目安であって、それぞれの症状や体質によっても異なります。
治療の最初は体がプラセンタ療法に慣れておらず効き目が持続しないために、週に2回通院する必要がありますが、体が効き目を持続できるようになれば週に1回の通院で済むようになります。
プラセンタ療法は抗生物質のように長時間使い続けると効き目が無くなるということが無く、また副作用や後遺症もない点が治療するに当たってのメリットと言えます。
途中で止めてもリバウンドのような反応もないので安心して治療することができます。
ただ注意しておかなければならないのは費用が高く、長期的な治療となると、その分の費用を計算しておかなければならないことです。